コンクリート管マニキュア剤Ⅱ

特長

  • 現在の推進工事は、砂礫層や急曲線、長距離推進などの難工事が多く、これまでの滑剤だけでは推進力が急上昇し、対応できなくなることがあります。
    コンクリート管表面にマニキュア剤を塗布すると、浸透、硬化し、管表面が平滑な塩ビ管様に改質され、礫の噛み込みや粘土の付着を防止 し 、推進力の急激な上昇を抑えます。
推進工法 ケーソン

 

梱包形態

正味重量 5㎏
荷姿 ポリ缶
塗布面積例 1㎡/0.045L×4.5L=約100㎡

 

 

使用方法

    1.コンクリート管表面が乾いている状態で、スポンジブラシ等で管表面に均一に塗布します。

    2.約3時間乾燥させたらできあがりです。重ね塗りは不要です。

    3.塗布後は管表面が滑りやすくなりますので、管の上に乗らないで下さい。

    4.本剤はコンクリートの細孔部に含浸し、表層部を改質、その効果を発揮します。必要以上に厚く塗りますと余分なマニキュア剤は乾燥後、白い薄膜となって表面に析出します。この膜は剥離してもマニキュア剤本の効果に影響ありません。

    5.本剤が余った場合は、元の容器に戻し、栓をし、暗所に保管して下さい。

 

主な施工事例

 

#1 無水砂礫層S字曲線施工

管径 φ800m
延長 380m
土質 無水砂礫
工法 泥水式推進

 

#2 大口径長距離施工

管径 φ3000m
延長 500m
土質
工法 泥水式推進

 

#3 超大口径施工

管径 φ3500m
延長 200m
土質 砂シルト
工法 土圧式推進

 

#4 長距離平面縦断曲線施工

管径 φ800m
延長 890m
土質 砂礫
工法 泥濃式推進

 

#5 超大口径BOX施工

管径 □5m×6m
延長 32m
土質 シルト
工法 土圧式推進

 

#6 ケーソン施工

管径 □10m×6m
延長 22m
土質
工法 ニューマンチックケーソン
2019年09月27日