固液分離タイプ泥水処理剤


特長  調査ボーリング等で発生する余剰泥水に、本剤を添加、攪拌することで、徐々にろ水と固形分に

    分離します。更に、固形分を土のう袋に入れることで、脱水が促進、泥水の減量につなげます。

 

地質調査井 矢板工事

性状

  A剤 B剤
形状 液体 液体
主成分 有機ポリマー 無機塩

梱包形態

  A剤 B剤
正味重量 3L(3.45kg) 15L(20kg)
荷姿 ポリ缶 ダンボール箱

 


使用方法 1.水 4.9Lに、A剤 0.1Lを入れ撹拌、A剤希釈液を作ります。粘性が出るまで1時間程ねかせます。
     2.水 2.0Lに、B剤 0.5Lを入れ撹拌、B剤希釈液を作ります。
     3.泥水にA剤希釈液を入れ、泥水がプリン状、または粘性が上がりモリモリしてくるまで、
       シャベルで 攪拌します。
     4.泥水にB剤希釈液を入れて全体になじませるように攪拌します。泥水のヌメリがなくなり、
       じわじわと水が吐き出してきます。
     5.処理した泥水を土のう袋に入れ、仮置きします。日が経つにつれて水分が抜け、さらっとした
       固形分になります。

         

         A剤の希釈濃度や使用量は、各泥水によって異なります。
         必ず施工前、およびB剤希釈液投入前にテーブルテストをして、それぞれの適量を把握してから行って下さい。


2017年09月14日