本文へスキップ

見出しこんにゃく可塑剤

特長

  1. 本剤は、テールボイド注入直前の混合機で2液を混合させ、完全にゲル化した後に、吐出するので、確実にテールボイド全体が充填されます。この高弾性ゲルは、時間経過とともに、より強固なゲルになります。一方、従来品はボイドに2液が注入された後にゲル化するので、ボイド内の地下水に希釈され、ゲル化しないことがあります。
  2. 滑剤効果が高いので、推進力が低減し安定した施工が行えます。
  3. pHは中毒性で、環境負荷の少ない材料です。


こんにゃく可塑剤



従来品




推進工法
 



梱包形態

   主剤  助剤
正味重量  7s  20s
 荷姿  7s/ポリ袋 段ボール箱入り  20s/紙袋




使用方法

  1. 専用混合器を管路にセットします。
  2. ミキサー2台に清水を入れ攪拌しながら主剤、助剤それぞれをミキサーに投入、10〜20分攪拌送液可能となります。
*1主剤液のミキサーは20分以上攪拌しないでください。
*2各液の流量が同量(1:1)になるように調整し、送液します。



配合


主な工事例

#1 低土被パイプルーフ施工

 管径  φ800m
 延長  60m
 土質  砂礫
 工法  泥水式推進