本文へスキップ

見出しこんにゃく充填剤100

特長

  1. 流動性が良いので狭い隙間に入り易く、テールボイドが狭くなって推力が上昇している推進現場に効果があります。
  2. 付着力が小さいので、縁切時における摩擦抵抗が少ないです。
  3. 液体で水によく溶け、短時間で練り上がるので作業性が良いです。


推進工法  HDD工法
   




梱包形態


正味重量  6s
 荷姿  ポリ缶
 出来上がり量  1,500L





使用方法

  1. ミキサーに水199.3Lの清水を入れます。
  2. ミキサーを攪拌しながら、こんにゃく充填剤0.8s(0.7L)を少量ずつ投入します。
  3. 攪拌は5〜15分で停止してください。(15分以上攪拌厳禁)
  4. 長時間直射日光に当たると、滑剤効果に影響しますので、ミキサーには蓋をする事をおすすめします。



関連製品

画像をクリックすると各製品ページに移動します。

こんにゃく充填剤300
長時間にわたってヌメリ成分を安定的に放出するDDS機能を備えた充填剤で帯水層から無水層まで土質を選ばず摩擦を低減

こんにゃく充填剤700
長時間にわたってヌメリ成分を安定的に放出するDDS機能を備えた充填剤で帯水層から無水層まで土質を選ばず摩擦を低減

こんにゃくマッド泥水
標準作泥剤の20分の1の使用量で初期泥水が作れる



こんにゃく可塑剤主剤
完全にゲル化した状態で注入し、確実にテールボイドを構築する可塑性の固結型滑剤


コンクリート管マニキュア剤U
管表面が塩ビ管様に改質され礫の噛み込み、粘土の付着を防止する塗布型滑剤


粘土付着防止剤R
粘土の表面を改質し付着力を低減、スムーズな排土が可能