本文へスキップ

会社概要企業概要


社名
株式会社ジオックス


代表取締役
田中信昭

本社・工場所在地
〒950-0951
新潟県新潟市中央区鳥屋野4丁目7-14
TEL:025-285-0271
FAX:025-285-0272
E-mail:info@geox.jp

資本金
2,000万円

設立
1979年11月22日



2019年
本剤のみで粘土層、砂層が掘削できる「ホレール2.0」及び杭抜き剤「プルトップ」の開発をスタート。

2018年
「こんにゃく充填剤」と「コンクリート管マニキュア剤」がMade in 新潟に登録される。

2017年
ユニークな固結タイプこんにゃく可塑剤を開発。

2014年
粘土付着防止剤A・こんにゃくマッド泥濃・こんにゃくマッド泥水・軟弱土改良剤・ホレールプラスを発売。

2013年
こんにゃくマッド土圧T・こんにゃくマッド土圧Aを発売。

2007年
長期間にわたって滑り成分を安定的に放出するDDSタイプのこんにゃく充填剤を開発。砂礫、急カーブ、長距離などの難工事で実績が評価される。

2006年
推進工事用”塗布タイプの摩擦減少剤”を業界で初めて開発、ゼネコン各社の技術提案に数多く採用される。

1999年
環境に配慮した自己分解型泥水剤や海水用泥水剤を発売。

1996年
新社屋を竣工、営業、研究開発、事務管理部門の人材育成と就業環境の充実に力を入れる。

1995年
工事で発生する余剰泥水の処理剤を開発する。また、ゼネコン各社と自動処理プラントの共同研究を始める。

1992年
通信ケーブル、電力、ガス、上下水道など公共インフラ網構築用の掘削薬剤の開発を始める。

1988年
調査井、水井戸、温泉井、基礎杭など民間ボーリング工事用の増粘剤、止水剤、剥離剤等、各種掘削剤の開発を始める。資本金を2,000万円に増資する。

1979年
設立者 田中信昭。油田探査会社Schlumberger limited等を経て油田開発機材のサプライ会社を資本金500万円で新潟市に設立する。